最近になって気づいたしんばちゃんの行動

生後6〜12ヶ月

こんにちは!しんばの飼い主です。

アメリカンカールの生後6ヶ月半の男の子を育てている猫ちゃんが大好きな人です。

外出して帰ってくると、「寂しい思いさせてごめんね」という気持ちで、

しんばちゃんが大好きなおやつをあげたり撫でたりしているのですが、ご飯の準備もしたいので、10分くらい撫でたあとは放置せざるを得ないのですが、

最近、しんばちゃんの行動について気づいたことがありまして。

外出時間が長ければ長いほど、帰宅したあとの”くっつき虫”感がひどく、料理していると『にャー』と鳴いて抱っこして、抱っこしてと顔と声で訴えかけてきて、無視すると『にゃ!』と怒ります。

『しんばうるさいよー』って言っても全く聞く耳を持たないで、『にゃー』と鳴き続けるので、必ず抱っこしてあげることになります。

でもって悲しいのが、抱っこしてあげたのに20分くらい経つと飽きてプイっとキャットタワーに登ってしまうという。

なんとも自由な猫ちゃんなのです。

離れている時間が長いほど、しんばにとってはもっとちゃんとかまってよと思っていることなのかもしれないなぁーと思ったところです

帰宅したらいっぱい撫でて遊んであげるのが最も猫ちゃんにとって良いのかもです。

ということで以上です。また〜