「ご飯にゃ」と「遊んでにゃ」以外のお願い”にゃ”を発見

生後6〜12ヶ月

こんにちは!しんばの飼い主です。

生後9ヶ月のアメリカンカール の男の子と一緒に暮らしています。しんばさんは、生後9ヶ月も経つし、去勢手術済なのに毎日・毎日走り回っています。笑 相変わらず”夜の運動会”に悩まされています。笑


それでは今日の話です。

猫ちゃんを飼っている方なら分かると思います。「ご飯ちょうだいにゃん」と「遊んでにゃん」はだいたい分かるようになってきますよね〜。それが可愛くてたまらない!!と感じている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

うちのしんばさんも一緒なのですが、ちょっとだけ最近のしんばさんは違う感じに鳴くことがあるのです。


それは、ほぼ決まって朝です。



朝のルーティンは、5時に起床して、短い『にゃ、にゃ』を連呼します。それは、ベッドがある寝室から出たいよって意味でして、寝室の扉を開けてあげると元気よくリビリングで走り回ります。

そのうち、朝のおしっこを済ませると朝ご飯が欲しくなって、飼い主の顔を見ながら『にゃ〜〜』と鳴きます。

これが朝ご飯欲しいよアピール。それで朝ごはんをあげると、ごはんの途中で排便して(笑)、またごはん食べて、ゆっくりする感じなのですが、たまーに食べ終わったあと、暫くすると『にゃ〜、にゃ〜』と短めに鳴くことがあるのです。

どこか痛がっている感じもしないし、おもちゃあげても遊ばないし、なんだ?!なんだ!?と思っていたのですが、いつもだと「うるさいよ〜」と声をかけるとすこーし鳴きやむことがあるのですが、そうしたときは全く鳴き止まず、、、



仕方ないなと思って、鳴きやむかなと思って抱っこしてあげたら、喉をグルグル!!!

そうなのです、ただ甘えたかっただけ!!笑

そのまま、腕の中か膝の上で寝ちゃいます。朝からそんな感じ・・・ほかの猫ちゃんの性格は分からないのですが、しんばさんは朝がどうも弱い感じがします。


ということでまた〜〜〜

ちなみに、もうすぐしんばさんが生後10ヶ月を迎えます!猫ちゃんの成長は本当に早いな〜と日々感じてます。も