猫ちゃんの性格ってどうやってわかるの?

生後6〜12ヶ月

こんにちは!しんばの飼い主です。

アメリカンカールの生後6ヶ月の男の子(しんばくん)を飼っておりまして、日々、しんばの行動をこのブログを通じて発信しています。

今日は朝から外を眺めたくて仕方ないのか、タイトル写真にあるようにずっとこんな調子です。こんな時って、あまり落ち着いた日常にはならないんですよねー

この状態で部屋に置き去りにして、隣の部屋で仕事しようとすると怒ります。にャ〜!!と言って多分『一人にするな!』と言っているのかなー。

一人ではなくなると、走り回って、夕方にやっと寝て、そして、夜中に起きる!!ww

子猫だから仕方ないのかなとは思いますけど、早く落ち着いた猫になって欲しいと願いっています。調べてみると、大体、7から8ヶ月位経つと大人猫っぽくなって、ゆったりとした動きになるようです。

今の走り回っている状態を見れるのもあと少しかと思うとちょっと寂しい気持ちもありますが、やっぱりちょっとだけ落ち着いて欲しい。

あとそれから、落ち着いた猫ちゃんかどうかは生まれ持った性格にもよるみたいですね。

しんばちゃんは生後2ヶ月のときは、抱っこされるとすぐに寝てしまう子だったので、もしかしたら結構落ち着くの早いかなと勝手に想像していたのですが、実際はよく寝る子は育つで、生後3ヶ月位には、元気いっぱいいっぱいになりましたww

3ヶ月の頃はカーテンに登って遊んでいたと思います♪

ということで、猫ちゃんの性格は生後2ヶ月位では分からないかなーと思うので、性格を知ってから飼いたいという方は生後3・4ヶ月以降にして、性格なんてものはどうでもいいという方は生後2ヶ月以降がおすすめかなと思います。

それではまた〜