「床暖房」は猫の力を無力化する

生後2〜3ヶ月

こんにちは!今日も元気に走り回り、仮想の敵と戦っている”しんば”です。

そんな”しんば”は、やっぱり赤ちゃんです。

調べてみると、子猫は1日の20時間程度は寝るらしく、確かにうちの”しんば”には当てはまらない。だいたいこんな感じです。

子猫しんばの1日のルーティン
  • 朝、5時ごろに起床→部屋中を走り出す。
  • 6時半ごろになると、お腹空いたアピール、尻尾を立てながら『にゃ〜』と何回も叫び出す。
  • 食べ終わると、毛繕いをして、また走り出す。午前中いっぱいは一人遊びをずっとしてます。
  • 11時半頃になると、お腹空いたアピール!
  • 12時から夕方の6時まで死んだように寝ます。
  • 6時半に夜ご飯のため、『にゃ〜、にゃ〜』アピール!
  • 7時から10時まで走り回る。
  • 10時にやっと就寝。

”しんば”はちゃんと育っているのか不安になりますが、2ヶ月と2周目で体重は1.5kg!!

これまたGoogleで調べてみると、アメリカンカールの男の子の生後3ヶ月で1〜1.5kgなので、絶対に少し食べ過ぎているような気がする・・・育ち盛りだからいいのかもしれないけど、部屋飼いだから太らないことを祈りたいところ。

話がそれてしまいましたが、タイトルにあるとおり、床暖房がついていると、床で寝ます。

おそらく温かくて気持ちいのでしょう。床暖房がついていると、睡魔に負けるのか、わたしの近くづく前に寝ます。だから、あんまり床暖房は付けたくないww

だけど、猫にとっては最高の気分なんでしょう。

ということで、以上です。また〜