ニベアクリームは日焼けしやすいって本当?

美白

こんにちは!ゆいのすけです。

最近ですが、朝方はニベアクリームを塗らない方が良いという話を聞き、朝はニベアクリームの上に日焼け止めを塗っています。

どうも巷の噂によるとですねー、ニベアクリームは油分が多く含まれているので、日焼けしやすいらしいのです。

確かに、イメージ的には油分が多ければ日焼けしやすいかもですよね。

花王(株)さんのホームページ見ると次のように成分表示がされています。

水、ミネラルオイルワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

出典:花王ホームページ https://www.kao.com/jp/nivea/nva_cream_01.html

確かに油分系が含まれています。

肌を乾燥させないで保湿するのが最大の目的ですからそうですよね。

油だから日焼けするという理屈は日焼け止めには通用しないので、製品に関する注意事項を読むのが大切です。

次のように記載されています。

●傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使わない。
●肌に異常が生じていないかよく注意して使う。肌に合わない時や、使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、また日光があたって同じような異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談する。使い続けると症状が悪化することがある。

出典:花王ホームページ https://www.kao.com/jp/nivea/nva_cream_01.html

どこにも、日焼けしやすいとは記載されていません。

ただし、日光が当たって、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等が発生した場合は、使用を中止してくださいと記載されています。

長時間、日光にあたれば日焼けするのは当然です。

日光にあたって日焼けの特徴である赤みが生じた場合には、使用を控えた方が良いと思いますが、

”日焼けしやすくなる”とは明記されていないので、結論から言うと、わかりません。

論文で明確にニベアクリームと”日焼けのしやすさ”を検証しているものがなかったので、なんとも不明です。

とはいえ、日光(紫外線)に当たらない時間帯にニベアを使用して、朝は使用しないという判断をした方が噂のリスクを減らせるので、気になる方はやはり使用しない方が良いです。

ちなみに、繰り返しになってしまいますが、日焼け止めにも油分は含まれているので、”油分”=日焼け するという考え方は100%正しいとは言えないと思われます。

というこで今回は以上です。

*Photo by Mike Yukhtenko on Unsplash