『計画』は実行して初めて具現化する

自分自身のこと

まぁ、あたり前のことですよね。

だって、『計画』は計画でしかなく、計画から形あるものは生み出さない。

生み出せないが正解かもしれない。

だから『行動』することが大切であり、計画からは課題は導き出せても、それを解決する行動が伴わない限り前に進むことはできない。

よく、計画のための計画づくりをしてどうなるって言われることありませんか?

正しいけど、必要な場合ももちろんある。
だって、大きな計画があって、それに関連するより具体的な計画がありますよね。企業経営だと、大きな理念・目標に中期と短期計画がぶら下がると思います。

計画はエンジンが無い車みたいなモノであり、それにエンジンという行動する機関を入れ込むことで初めて行動というフェーズに移る。

もちろん『計画』がないと、進むべき方向を迷うことがあります。
だから、計画は重要だけど、それ以上に行動の方が大事かなと・・・

だって、このブログだって、『計画』のみ立ててたらいつまで経っても記事は書けない。

書かないと自分の内に蓄積されて、それはいつか消えてしまう。

消えたら誰も読むことはないし、具現化は遠く遠く消え去ってしまう。

だから『行動』の方が大切だなぁと思います。

計画は空想でしかなく。計画は行動した内容によって自由に変わっていく。

だからこそ、『計画は実行してはじめて効果を発揮する』

こんな思考をしていれば、自分の人生に悩んでも、必ず答えは導きだせると思う。

私も、日々、計画を思考し、どうやって行動すればいいか考えている。
とりあえず行動することもあるし、やっぱり臆病になって行動に移せないこともある。

そんな毎日が楽しいと思えるようになれば、この人生で生きていた甲斐があると思う。