「amazarashi」を好きになった私がお勧めする曲

趣味等

今回はメッセージソングの話です。

誰かに何を伝えたいとき、「言葉」ってとても大切です。

詩にすると、その言葉はメロディーの中に埋もれてしまうことがあります。
しかし、埋もれずに、「言葉」が一人立ちすると、そこには「言葉」しかなくなります。

私が「amazarashi」を好きな理由は、ギターのメロディーと「言葉」が一緒になって、自身の心に直接、話しかけてくるからです。

「このままでいいのか」
「辛くないか」
「もっと頑張れって」
「諦めるなって」

生きるって大変だけど、生きていく中で得られた経験を言葉に乗せて、私に語り掛けてきます。

現代社会は成熟していますよね。
高度経済成長期のように、誰もが同じことをすれば容易に稼げる時代ではなくなっています。
そのためにも常に「成長」し続けることが大事・・・
けれど「成長」するのって難しいゲームのように、簡単には歩ませてくれない。

だからこそ「成長」するには自分が努力する行動をし続けるしかない。

当然、努力するのは当たり前ですし、人よりも努力した人が成功する構図に近いのがこの資本主義社会なのですが、ずっと努力し続けるのは辛いし、疲れる。

走り続けたら休みたくなるときだってあるはずです。

私も、これまでの人生は大変なことばかりでした。
▶️参考記事があるのでどうぞ。https://yuinosuke.me/2019/07/20/life-5/

そんな私に「amazarashi」は


①普段周囲には言えない思い
②社会の不条理や矛盾
③頑張ることの大切さ

を教えてくれます。

ここからはお勧めの5曲を紹介します。

少し脱線しますが、「amazarashi」を結成した秋田ひろむさんは青森県出身なんですよね。私も以前、出張で何度か行ったことがありますが、雪深いイメージがあるものの、青森市はコンパクトな綺麗な街だし、海に面していて食も美味しく、とても良い都市でした。

では、話を戻し、お勧めの5曲を紹介します。

一つ目は、「エンディングテーマ

       

エンディングテーマは、是非、Youtubeで観て欲しいです。このミュージックビデオは心に突き刺さるはずです。
特に、人生経験が豊富で、幾多の困難や挫折を経験した人であればあるほど、心を揺れ動かされるのではないかなーと思うところです。

私自身、入院しているときに聴いて何度も感動しましたし、友人がガンになって、無菌室に見舞いに行ったときの情景と重なりました。

2つ目は、「夕立旅立ち

       

夕立旅立ちは「理論武装解除」にしか収録されていない楽曲です。
ギターコードがポジティブ系なので、曲調もネガティブって感じではなく、詩も頑張ろうって思えるような言葉が綴られています。

「いいことなんか無かった街でも」で始まるところが好きです。

3つ目は、「ナモナキヒト

       

私としては、どん底まで落ちたときや本当に疲れたときに聴く感じです。
寄り添うように語りかける詩が特徴です。
ホントこの曲に助けられたことが幾度もありますね。

4つ目は、「ひろ

       

ひろは、Youtubeでアコースティックバージョンを聴いて欲しいです。秋田さんのスピリッツを感じるはずです。
このギターで好きになった人も結構いるんじゃないかなー。
ちなみに、中島美嘉さんもカバーしています。

5つ目は、「名前

       

名前の好きなところは、歌詞の中にある「お前が先に名乗れよ」というところです。
おそらく、秋田さんが体験してきたことが歌詞となっていると思います。
やさしい曲です。

補足

音楽は人それぞれの価値観があるので、好き嫌いがはっきりしているとは思いますが、「amazarashi」は辛く悩んだときにこそ聴いて欲しい曲です。
必ず味方になってくれるはずです。

ちなみに、私は上記のほか、「命にふさわしい」、「フィロソフィー」、「たられば」、「性善説」、「隅田川」なども好きです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。