「え、やばくない」髭抜きはマジで危険という話

美容

毎日の日課に「髭抜き」という行事がある方!!

まじで危険です。

こんにちは!!男性だけど綺麗な素肌を手に入れたいゆいです^ ^

ことの顛末

なんでこんな話になったかというと、自分が経験したからなのです。

「いやー、まじでやばかったよ」

なにがって、

ニキビみたいなのができていたのさー 笑

ずっと、ニキビがなくならなく、薬塗っても赤く引かなくて何でだろうと思っていたわけなのです。

そしたらね。
ある日、何気なく、触っていると、「少し硬くて黒く細いのがある」と発見したわけなのさ。

「ん? もしや埋没毛?」

そして、それから必死にピンセットを使って、ピンセットの先に埋没毛を救い出す作業をひたすらやってみたんです。

そしたらね。やっと、取れたんです。

なんと!長さでいうと2㎝くらいの太くて長いやつ。笑

グロいので、すぐに捨てました・・・

だから髭抜きは禁止

ここまでの話でわかったと思いますが、本当に危険なのです。

いや、あんな長いのが、ずっと顎の皮膚の直下に隠れていたのかと思うと、今でもぞっとします。

あれは、見た人にしか分からない恐ろしさだね。

「本当に危険」

うん。だから、私みたいならないようになるためには、髭は剃るか脱毛しかないんだなと思いました。

けどー、今でも少しくらいなら抜いてもいいかなと思っています。笑

ちなみ、脱毛はお金がなくて行けていません。
脱毛を少しでも意識したら、マジで脱毛した方がいいと思う。


私も、髭なくなったら、何かと肌の手入れが便利になりそうなので、いつかやってみたい。

てか、「髭抜き」絶対にしちゃダメだよ。

毛抜き道具の話

けどね、「毛抜き」って、結構な割合で高級品が売っているのですよ。

おそらく金物系だから、日本の伝統工芸的な感じて、プレゼントなんかでも重宝されるんだと思います。

ですので、脱毛せず、髭抜きを毎日している人へのプレゼントとしては、多分おすすめできるんだろうなと思うところ!!

「彼氏や彼女で毛に悩んでいたら、生活必需品なのでキット喜ぶはず」

あのー、これだけは約束してください。

私がおすすめしたからって、埋没毛になっても責任は取りません!!笑

ちなみ私は、スイスのルビス社製の物を使用しています。
私基準では結構高いんですよ。

       

その他にも、このような物もあります。

       

さらに、このような物もあるのです。
ちなみ、こちらは眉毛抜きなのです。

       

今回は、これで話はおしまいです。

雑談に付き合っていただきありがとうございました。

*タイトル写真

Hans BraxmeierによるPixabayからの画像